2012年7月2日月曜日

【温泉騒動記】熊本県山鹿市平山温泉

6月29日(金)熊本県山鹿市平山温泉


3日前くらいに慌ててネットで予約した。
まず、我が家には休日に関して割に深刻な問題がある。

【夫】シフト制の不定休で、月末に翌月の休日が決まる
【妻】不定休で、月末は常に多忙でMacBookが手放せない

という状況なのに、どういうわけか旦那の連休がいつも月末。
今回も26日になってアタシの仕事の見通しが立ったので、29日の温泉旅行が決まった。
つっても、車ですいっと行ける距離で。

今回のお宿は 湯山別荘たいち という、全室露天付き離れで1泊¥1万3千円(大人1名)。
温パラのクチコミでは「恐怖を感じるほど食事の量が多い」とのこと。
平山温泉やすぐ近くの山鹿温泉は割に古くていい温泉なんだけど、黒川や湯布院のようにコマーシャライズされてない。
もう、まったくもってスポイルされていない、どちらかと言うと「もうちょっと営業努力すればなあ」という感じの小規模な宿が多い。

築2年という新しい宿は、なんとも風情にかける建物
外壁のサイディングボードとか、屋根材の色や質感が安い建て売り住宅のよう。
ただ、新しいので清潔
従業員も若くてたどたどしい。(笑)

離れの客室は6畳の洋室(リビング的な部屋)、6畳の和室(お座敷的な部屋)に6畳の洋室(寝室)、それに広い洗面所と部屋のお風呂が檜風呂岩風呂の2種類も!
濡れ縁もあって、天気がよければ素敵なんでしょうが、土砂降りです。

お料理がですね。。。期待はずれでした。
 こんな感じで前菜が並んでる。
普通ですね。

お造りがこんだけ。
まあ、山の中の温泉ですからね。

イベリコ豚ですが、残念ですね。
アタシ豚肉嫌いです。

 豚肉と野菜をトレードした結果。
ただの蒸し野菜です。

 お寿司はマグロ。
マグロも嫌いです。

他のお料理の薬味のミョウガを突き刺してみた。
食べ物で遊んではいけませんね。

量ですけど、ぜんっぜん足りませんでした。
食事の後でスナック菓子をボリボリ食べました。
味付けは良かったです。

ただ、お風呂が最高です。
あ、風情とかはゼロです。
いつも行くスーパー銭湯にすら負けてるかも。

でもお湯が最高なんです。
生まれも育ちも佐賀のアタシは、常々「嬉野温泉が日本一の温泉だ!」と公言してはばからないのです。
でも、今回はちょっと驚きました。
お湯だけなら嬉野温泉を凌駕しています!
とろとろのお湯で、ちょっと硫黄分が入ってるみたいです。
お風呂上がりに化粧水つけずに数時間なんともないくらい。
手足なんて、つやっつやになるくらいのお湯です。

大浴場はさほど大きくないけど、客室の数が少ないんで人もほとんどいなくて、ゆっくりできたし。
部屋のお風呂、特に檜風呂はものすごく気持ちよかったです。
あー、アタシの実家はアタシが高校1年の頃まで檜風呂だったんで、超懐かしかったです。

お湯が最高だっただけに、いろんな点が残念でした。

今回の温泉騒動記は「騒動」と言うだけあって、これから何かが起きるのです!


全然関係ないけど、福岡県八女市立花町の道の駅がとっても良かったです。
適度なサイズで(最近、巨大道の駅が多くてたまに困る)、お野菜が安くて新鮮で美味しかったです。
特にアスパラは特筆すべきお味でした。

アタシの名前!w

福岡周辺部にお住まいの方は、一度足を運んでみてください。
平日がオススメです。


毎回事前に宿に電話して、インターネット環境の有無を確認するのですが、ここはネット通じないってことでした。
そーゆーわけで、MacBookを持たずに出かけたのですが。。。これ、悲劇の始まり。

***つづく***