2013年10月22日火曜日

目指せ 42.195 km、フルマラソンへの道

ハーフマラソン完走した!

10 月 13 日(日)福岡県久留米市で開催された筑後川マラソンに参加。
マラソンシーズンが始まったとはいえ、まだまだ暑い福岡地方。
前日受付に行って、会場の下見も済ませていたとはいえ、落ち着かない気分で前夜は早めに寝た。
ソワソワと早起きをして、午前 8 時過ぎに自宅を出て、久留米に着いたのは午前 9 時過ぎ。
三連休の中日だったけど、早朝だったんで高速を使わなくても 1 時間で到着。
駐車場は既に満車。
フルマラソンもすでにスタートした後。
会場となりのゆめタウンに車を停めると、駐車場はランニングウェアの人が次から次に。。。
やっぱね、そうなるよね。

お天気は快晴。
雲一つない。
道中、雲仙が見えたくらいの快晴。
気温も多分 25℃ くらいじゃないだろうか?

ハーフは 10:20 にスタート。
20 分前にスタートラインそばのトイレに行くと、長蛇の列。
ちょっと離れたところににも仮設トイレはあったけど、なんせテントがあちこちにあって、陰になってて分からず、10 分以上並んで、スタートラインについたのはスタート直前。

さて、ここで予想外のトラブル。
iPhone のアプリ RunKeeper が起動しない!!
前日のうちにチェックしておけば良かったんだけど、水曜日に足を痛めて以来走っていなかった。
しかも、突然 iPhone のバッテリーの消耗がひどくなったため、設定をちょっと変更していたのを思い出したが、時既に遅し。

初のハーフだってのに、頼りのアプリは使えないし、ベビー G も持って来てないし。
タイムもペースも何も分からない状態で 21.1km を走るはめに。

ハーフ参加者は 1000 人ちょっと。
後方からゆっくりスタート。
河川敷のサイクリングコースを折り返すコース。

距離ごとにダイジェストで初ハーフの出来事をまとめてみる。

スタート〜1 km
後方スタートなのですごくゆっくりと気楽にスタートできた。
参加者 1 万人近い大会と違い、危険は少ない。
メイン会場周辺なので、応援している人も多くにぎやか。

1 km すぎ〜
嘘のように沿道から人が消える。
ランナーだけが黙々と走る修行の始まり。
向かい風なので、気温の割に暑さは感じない。

5 km〜
痛めていたふくらはぎも快調で、とにかく青空と緑の山で気分がいい。
鼻歌まじりに楽しく走る。

7 km〜
早くもフルのトップ選手が折り返してゴールへ。
一流の走りに感動して、すれ違いながら「頑張ってー!」と応援しつつ走る。
これをネネルギーの浪費と呼ぶ人もいるだろうが、楽しく走りたいし、応援もしたい。
まあ、反応してくれた人はたった 3 人だけだったとしても。

8 km〜
さすがに疲れて来たので、すれ違いざまの応援は終了して、自分の走りに集中。
暑さもさることながら、強烈な日差し対策に手ぬぐいを頬被りして走る。
首や顔に日差しが当たり続けると頭痛を起こすアタシには、少々不細工でもこの 1 枚で大きな違いが出る。

11 km〜
すれ違う人が「もうすぐ折り返しよー!」と励ましてくれる。
明らかに疲れて来たので、少しずつエネルギーゼリーを補給しつつ、水分もこまめに補給してガス欠しないよう気をつける。
折り返しながら、「まだ半分かよっ!」と自分に突っ込む。
風向きが逆になるため、無風状態に。
暑過ぎ。。。

13 km〜
右のふくらはぎに違和感
故障箇所をかばっていたからか?左もパンパンに張っている。
練習で 20 km 走った時にはなかった張り。
ちょっとの日陰で止まって、ポケットに用意しておいたエアサロンパスで患部を冷やす。

15 km〜
体内からどんどん水分と塩分が失われているのが分かる。
ガス欠にはなっていないものの、給水所でもらった梅干しの塩分はすごく助かった。
給水所で背中やら腕に水をかけてもらい、多めに水分補給。
普段から食後すぐ走ってみたり、ビール飲んだ後に走ったりしてるせいか、多めに水分補給してもお腹は平気。

16 km〜
「あと 5 km ですよ〜!」というボランティアの人の声に「えぇ〜。。。まだあと 5 km?!」と心が折れかける。
ふくらはぎがパンパンなので、コース脇でしっかりストレッチしてリセットする。

18 km〜
このあたりまでくると、ゴール地点周辺のビルが見えてくる。
見えているんだけど、全然近づかない。
マイボトルのスポ飲もあと 1 口しか残っていないので、最後の給水所で多めに水分を補給。
とにかく、「しんどい」に尽きる。

20 km〜
かつてこれほど長い 1 km ってあっただろうか?
確か高校生の時の体育の授業の持久走で 1 km 走った時に、1 km って死ぬほど遠い!って思ったけど、20 km からの 1 km はとんでもなく遠い

20.5 km〜
もうゴールはそこに見えているのに、遠い!
股関節も大腿四頭筋もふくらはぎも限界近い。
さすがにランナーを向かえる人が増えて、声援もあって、とにかく残ったガソリン 1 滴も残さないくらいの全力疾走でゴールへ。

ゴール
ちょうど前後のランナーが途切れた位置にいたので、ゴールテープを切った!
「わあああーー!!!」と歓声を上げながらのゴール。
タイムは 2 時間 45 分
目標の 3 時間を切れたので満足。

結論から言うと、ハーフマラソンを完走したくらいじゃ人生観は変わらない
全く変わらない
ただ、すごく気分がいい
10 km のレースだとマラソンとは言えないけど、ハーフなら「マラソンしてます」って言えそうな気がする。
とにかく暑いし、日差しで体力消耗したし、髪の毛は汗の塩分で白く固まってるし、脚は痛いんだけど、この上なく爽快。

走り始めて 3 年半で、やっと 21 km を走破できるようになった。
次は半年後のフルマラソン!

大会後 2 日間は、猛烈な筋肉痛で階段を降りる時にへっぴり腰になっていた。
あと、初めて「オートマにして良かった!」と思った。
まあ、運転したのは夫だけど。
ただ、Z は車高が低いので、乗り降りの時に脚がつった。

それにしても、10 月 2 週目までは夏だな。

ところで、今回のために作ったプレイリストも大活躍。
ただし、イヤホンはいい加減 Bluetooth にしよう。

これしてる人結構いた。
苦しくないのかな?

走り終えて気分爽快!

夕暮れ時の筑後川