2014年11月15日土曜日

福岡マラソン 2014:その 2

福岡マラソンスタート!

当日は午前 5 時過ぎに起きて、ゴソゴソと朝食(トーストとおにぎり)を済ませ、ウェアに着替えて夫が運転する車で西鉄平尾駅まで。
道中、ランニングウェアを着たランナーを乗せた車を見かける。
駅近くのコインパーキングに車を停めて、電車で天神へ。
電車なんて多分 5 年ぶりくらいに乗ったと思う。

西鉄平尾駅はスタート地点の天神から 2 駅なので、ランナーもたくさんいた。
日曜早朝の電車の乗客は半分以上がランナーですよ。
早めに天神に到着したけど、外は雨が降ってるもんで駅構内でしばらく待っていた。
続々とランナーが集結。

スタート 30 分前にはスタートブロックへ移動。
雨はほぼ止んだようで、手作りのレインポンチョ(福岡市もえないゴミ袋製)も濡れていない。
スタートまでの間は隣にいた女子大生とお喋りした。
スタート地点は人、人、人。


イムズの裏あたりのGブロック


時計を見るとスタート時刻の 8:20 なんだけど、何も聞こえない
普通は「号砲」とか、なんかすごいお祭り騒ぎのカウントダウンとかあるんだけどなあ?
少なくとも、佐賀も筑後川もカウントダウンとかで超盛り上がったんだけどなあ。
周りの皆さんも「スタートしたんですかね?何か聞こえましたか?」とざわざわしちゃってます。
前方が歩き始めて「スタートしたみたいですねー」って首を傾げながらぞろぞろスタートラインへ歩く。
10 分くらいかかってスタートラインを超えました。


スタート直後の歩く人波


12,000 人だと大渋滞ですよ。
しかも気温が低めだったこともあって、いきなりトイレに行きたくなる始末。
ただ、これは緊張による尿意かもしれず、しばらく様子を見ることに。
沿道には割とたくさんの人がいて、割と賑やかに応援してくれています。
どんよりした天気なので、個人的には走りやすいです。

最初のトイレは大行列。
次のトイレも大行列。
しかも、尿意はどんどん強くなるばかり。
次のトイレも、次のトイレも大行列。
結局 8 km過ぎで我慢の限界に来たので、行列に 7 分ほど並び事なきを得ました。

7 分の間に最後尾あたりになったようで、一気に渋滞解消です。
しかも、なんかすごく調子がいい
予定ではキロ 8 分とスローペースでまとめて、とにかく無事完走することを目指していましたが、7 分半でもかなりの余裕です。
ただ、私の走力ではこのペースではハーフが限界なんですけどね。

すべての給水ポイントで水分を補給しながら、コースはやがて海沿いへ。
心配していた海風もなく、漁船やヨット、カヌーからの応援に「ありがとー!」と手を振り応えます。
道路が傾斜しているのがちょっと気になるけど、まだ 10 km ちょっとしか走っていないから元気一杯。
西区の郊外住宅地から田園風景へと入り、九大の折り返し地点へ向かいます。


ん?
臭い!
何かすっごく臭い!
肥臭い!!!!


私、人並みはずれて嗅覚が鋭いのでコースが臭いってのはものすごく辛かったです。


肥臭いコースにげんなりしつつ、途中の関門で退屈そうに座っている夫の従兄(審判員)に元気に手を振り、中間地点を通過。
給食のチロリアンはもう残りわずかとなっておりましたが、1 個いただきました。
海沿いの道からはぼんやりとヤフオクドームや福岡タワー、マリノアの観覧車が見えます。
あのずっと向こうから走って来たのに、まだ半分かよ。。。と思うと心が折れかけます。


ぼんやり見える福岡の市街地


応援の人も少なくなってきますが、皆さんあいにくのお天気なのに温かい声をかけてくれます。
中には無神経な応援をするおっさんたちもいますが、福岡のおっさんって大体そんな感じですよ。

沿道の学校の子供たちやら、お年寄りやら、抽選で落ちた人やら、いろんな人があったかい応援をしてくれます。
ハイタッチをしながら、手を振りながら 30 km 地点も近づいてきました。

あれ?
もうすぐ 30 km なのにすっごい調子いいぞ
坂も全然平気だし、このペースだと5時間半切れるんじゃ?と俄然欲が出てきます。
もうそのくらい絶好調だったのです。

車で下見したときに「え?」と絶句した峠道すら歩くことなくどんどん走りきれました。

いや、今日は行けるわ!

と思ったのも束の間。
傾斜した道を延々走り、峠道もペースダウンせずに走ったツケがいきなり襲いかかりました。
33 km あたりで猛烈に足首やら膝やら太ももやら、どこもかしこも痛み出しました。
「歩いちゃおうかな?」ってくらいに痛いわけです。
それでもペースダウンすれば走れていたのですが、二見が浦手前でとうとう歩き始めました。

痛む足腰をストレッチしながら撮影


二見が浦手前は歩く人が増えています


ちょっと歩いては走り、またちょっと歩いては走るを繰り返しながら 37 km 地点までたどり着いて残り 5 km になっても全然元気が湧いて来ない。
ゴールすることはできるだろうけど、前回みたいにスパートできるのかな?と不安を感じつつも歩いては走るを繰り返す。
40 km 地点がなかなか来ない。
だんだん痛さと辛さにこらえきれず、半泣きになりながら走る。

ツライ。。。マラソンってツライ。。。でもゴールしたい。。。

半泣きになりつつも 40 km 地点へようやく到達。
でももうスパートできる状態じゃない。
とにかく前へ。
ゆっくりでもいいから前へ。

沿道の応援の人がまた増えて、「あとちょっとよ!」と大きな声が飛ぶ。


その声に後押しされるように最後 1 km でようやくスパート。
ところが見えないんですよ。
ゴールがどこか全く見えないんですよ。
ガーミンの距離から考えても 200 m くらいでゴールのはずなんだけど、何も見えないんですよ。

ゴールはどこだ?!と腹立たしさまで感じ始めたときにようやく FINISH の文字が!

ちっちぇえー!!!!
ゴール、ちっちぇえーーー!!!!

ってことで、無事完走。
記録はグロスで 5 時間 56 分 16 秒
ネットで 5 時間 46 分 03 秒
前回より 10 分短縮の自己ベストです。

フィニッシャータオルとメダルをもらって、記録賞を受け取る頃には雨が降ってきました。

一瞬たりともランナーズハイが来なかった福岡マラソンでした。


ゴールはもっと目立たせるべき!

結局ニュースで大騒ぎして取り上げていたうどんも足りなくて食べられず、ひよこマシュマロも食べられずじまい。
サブ 4 くらいの速い人はトイレも混まず、給食も十分だったかもしれないけどね。


次回は福岡マラソンの問題点を書き連ねてみたいと存じます。