2015年10月13日火曜日

筑後川マラソン:その 2

緊張すると何度もトイレに行くタイプです。

というわけで、朝から異様にトイレが近いのは歳のせいではなく、緊張のせいです。
おそらく。

今回、熱中症対策に新しく導入したアイテムをご紹介しましょう!


ご存じ日本手ぬぐい

最近ふとしたことから愛用している手ぬぐいですが、タオルに比べると断然薄くて、タオルに比べるとちょっと長い。
この特性を利用して、夏は濡らした手ぬぐいを首に巻いてきゅっと結んでおくと体温が上がり過ぎないし、汗をさっと拭うのにも便利。
乾いたら最寄りの水道でまた濡らして首に巻く。
走り終わったら汗をさっと拭き取れば、すぐにシャワーを浴びられなくてもスッキリしますしね。
薄い割に吸水性も良いのです。

ただし、安い中国製は綿がごわごわして肌あたりが悪いので、日本製の手ぬぐいをお求めになる方がいいですよ。
ちなみに、Amazon で 5 枚組が ¥1,200 くらいでした。
可愛い和柄が個人的におすすめ。

さて、からりと晴れた秋空に心も弾みつつ、若干風が強いのが気がかりですが、みんな楽しそうです。

青い空に白い雲!

スポンサーの旗だらけです

ハーフの部は 1,200 人くらいでしょうか?


比較的のんびりとした感じでスタートです。
いつも、序盤に調子に乗って飛ばしては、後半大失速するので、スタート直後は最後尾まで下がるほどのスローペースで。
結構ノリノリでスタートした人が多くて、500 m 地点あたりで既に息切れしているおじさんも結構いました。

一方心拍数が徐脈気味に低い私は、走るのが遅いこともあって息を乱すこともなく安定のスローペースでノロノロ走ります。
今回は余計なエネルギーを消費しないよう、スタート地点で知らない人にフレンドリーに話しかけたりもしていません。
もちろん、走っている最中に他のランナーに話しかけることも慎みます。
無言で。。。黙々と。。。走っていると。。。目の前にお揃いのウェアで走る女性 2 人組が。。。

「お揃いのウェア可愛いですねー!」

あ。
また見ず知らずの人にフレンドリーに話しかけてしまった。
しかも、相手が返答に困っているではないか!

2 人組のペースがとっても心地よかったので、無言でぴたりと後ろに付けてペースをキープ。
ガーミンを見ると 7:30/km くらいなので、練習よりちょっと速めですが心地よいのでそのままついて行きます。
フルやハーフのトップの人が折り返してすれ違うときも、上位 3 人にだけ熱く応援をして、あとは無言。
7 km を過ぎるあたりから序盤に飛ばしすぎた人をぼちぼち抜き始めます。

あれ?
体が楽だし、全然疲れを感じないなー。

4 月のフルで注意していたにもかかわらず、軽い熱中症になった反省から塩分サプリを多めにポケットに入れておき、5 km ごとに塩分補給したことやエネルギーゼリーを早めに投入したり、こまめに手ぬぐいを濡らして首を冷やしたりしていたからか?これまでになく快調です。

いかん、いかん。
油断して飛ばして撃沈した前回のフルの反省を活かせ!
抑えて、抑えて!

11 km 過ぎで折り返したときも妙に体が楽。
実感として残りのエネルギーと距離を考えると、もうちょっとペース上げても行けるかも?
ってことで、13 km あたりからペースを6:30/km 前後まで上げてみました。
かなり、リスキーではありますが。

結果からいうと、スタート直後の混雑を抜けた後のペースを抑えすぎた感じです。
前半をいつもの感じでノリに任せていたら、2 時間半切れたかも?と思ってみたり。
何はともあれ、40 代最後のレースで自己ベスト更新です。
つっても、ハーフ 2 回目だけど。

先にゴールしていた 10 km の部の夫も、「全然キツくなくって達成感がないんだけど」と言うので、来年はハーフを走らせようか?と。

最後の 4 km でかなりペースアップしてスパートしたので、ゴール前 500 m はものすごくキツかったけど、実に楽しいレースでした。


そして、増えすぎた体重のおかげで、見事に右膝を痛めました。